いろいろチャレンジを初心に返って






timthumb
エスクァイアは、ヴォクシーやノアの姉妹車として登場した、新型車両です。ゴツいフロントグリルが特徴で、バットマンが登場するCMからも中高年男性をターゲットにしている車種ということがわかります。ヴォクシーなどと姉妹車と言っても、若干車体価格が高いことから、よりセレブな層を狙った車種ということも言えるでしょう。

肝心のエスクァイアの値引き状況ですが、ヴォクシーやノアとよく似た値引き額になることがわかっています。つまり、ヴォクシーやノアとエスクァイアを相見積もりしていくことで、値引き額が広がっていくということがいえると思います。

具体的には、ネッツやカローラ、トヨペットなど複数の販売ラインの異なるトヨタディーラーを訪れ、それぞれでしっかりと相見積もりをしていくことが重要です。基本的には、3~4ディーラーで交渉を重ねていくと、どこか1つのディーラーは値引き額を増額してくる傾向があります。あとはそのディーラーと話を詰めていけばいいわけです。このエスクァイア値引き情報サイトでも詳しく書かれているので参考にするといいでしょう。

あとはオプションの値引きです。こちらは相見積もりは通用しないので、ディーラーと面と向かって交渉を重ねていくことが大切です。ただ「値引きしてくれ~」といってもダメと言われておしまいなので、何か相手にミスがあったときに、そこに付け込んでオプション値引きをねじ込んでいくのが基本となります。

もともと300万円くらいする車ですので、値引きをいかに引き出すかはコストダウンの面で重要となります。エスクァイアに限らず、相見積もりなどは有用ですので、ぜひ覚えておいてください。