YouTubeを見ながらディナーを作っていらっしゃる。 | いろいろチャレンジを初心に返って






YouTubeを見ながらディナーを作っていらっしゃる。

食物藤四郎の僕は、食物を決める際にYouTubeをぐっすり利用しています。
料理本だと、薬味や準備する食品の値などは細かくかかれていますが、ステップがざっくりとしか書かれていないものが手広く、藤四郎からするととっても苦しく感じてしまいます。
ただし、YouTubeだと作っている雰囲気が音声で過ぎ去るので、非常にわかりやすく「なるほど!この位混ぜればよいのか!」とか「ここはこれくらいの火加減ね!」という一目でわかります。
YouTubeを見ながら食物を創るようになって、以前に比べて失敗することも少なくなり、至ってうれしいです。
どうにか、よりたくさんの食物を練習していきたいと思います。
とあるサイトで人見知りを正すにはどうしたらいいのかという相談がされているのを見ました。
人見知りを治すのには応対専業をやると良いよという輩もいました。
その人は真に応対の日雇いをしたことで完全に治ったそうです。
ただしそのアップやる本人は応対の日雇いを通じても無茶だったと相談していたのです。
自分自身も人見知りですが、一番いいのは自身と同じ道楽を持つ人の間に入ることが出来れば少しずつ慣れていくのではないかなと思いました。
ネットで交信やる人々のOFF会とか、そんな機会があればいいのかも知れません。
だけど我々は外に出る振舞い自体が恐ろしいって見まがうので強敵直すのは難しそうだ。